⇒トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

⇒トップページへ

[CUBE]恋する彼女の不器用な舞台

恋する彼女の不器用な舞台

私立 早久保学園は、学生にとってのメインイベントである秋の文化祭に向けて、大いに賑わっていた。

――しかし、部員数の少ない通称・弱小部たちはみんな頭を抱えていた。

それは『文化祭で生徒会が与えた課題をクリア出来なければ廃部にする』という厄介な条件を突き付けられていたから。

宮国一悟が所属している文芸部にも通達がやってきた。
それは『文芸部の部誌が 100部売れなければ廃部にする』というもの。

「文芸誌の需要があるなら、部室と部費を提供する意味がある」 と学生会は言う。

元は名女優で、現在は同じ文芸部員の幼なじみ・十川真優 (とがわ まゆう) は、
「わたしの居場所がなくなる」と迷惑がり、
現役で作家をしている後輩・七瀬千奈 (ななせ せな) は、「文芸部以外に活動したい部活なんてない」と困惑する。
しかし、たった3人だけの文芸部員たちは、解決策を見い出せないでいた。

そんな彼らのもとへやってきたのは、演劇部部長・千代田百花 (ちよだ ももか)。

「上演実績の無い演劇部は演劇部とは呼べない。 今度の文化祭で演劇の上演が出来ないのであれば、廃部にする」

という通達が学生会から出されたものの、演劇部の部員数はたったの2人。舞台上演など到底無理な話。 だから──

「文芸部に脚本を書いてもらって、出演もしてほしい!そして、真優ちゃんには再び女優として舞台に立って欲しい!!」
と言う百花。

果たして文芸部と演劇部は、学生会からの課題を無事クリア出来るのか?
真優は再び舞台に立つことになるのか?

そして、一悟と女の子たちの恋の行方は?

様々な問題を抱えながらも、文化祭の開催日は刻一刻と迫っていく――


サンプル版動画








恋する彼女の不器用な舞台
恋する彼女の不器用な舞台

ブランド:CUBE
発売日:2014/11/28
ジャンル:文芸部と演劇部が廃部の危機!? 協力して文化祭で劇の上演を目指す恋愛ADV
原画:カントク MITAONSYA(SD原画)
シナリオ:双葉亮一 夜村卓

 DMM.R18でパッケージ購入する
 amazon.co.jpでパッケージ購入する

⇒トップページへ

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。