⇒トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

⇒トップページへ

[WitchFlame]瞳の烙淫4 悦辱の操心改造/Hitomi no Rakuin 4 ~Etsujoku no Soushin Kaizou~

瞳の烙淫3 ~双眸の洗脳調教~

主人公、沢松 勇貴(さわまつ ゆうき※姓名変更可)、

『見つめた相手に錯覚を起こさせる能力』

そんな絶大な能力を持っていた彼は、勇名を馳せる財閥系企業『神庭』の総帥に
その力を見初められ拾われた。
その利便性から、会社の為に体よく利用されていたと言っても過言ではなかったが、
その一方で信頼され、そして自分では持て余していた力を存分に生かされ、
それなりの充足感を得ながら側近として活躍していった。

しかし、総帥の急死により、孫の神庭 姫紗羅(かんば きさら)が後を継いでからというもの、
当然のように社内の空気は一変していく。
先代とは違った手法によって業績を伸ばしていく姫紗羅。
先代を間近で見てきた主人公の目から見ても、その手腕は尊敬に値するものがある。

だが、そんな状況を主人公は良くは思えなかった。
先代亡き今、姫紗羅に匹敵するような人物はどこを探してもいない。
だったら自分が変えてやる、という欲求が沸々とわき上がってくる。

問題があるとすれば、姫紗羅には何故か能力が通用しない事、
能力を使用された者が姫紗羅に近づくと解除されてしまう事、
そして姫紗羅は主人公に何らかの特殊な能力がある事に疑いを持っているという事。

能力全開で一点突破出来れば容易いものの、それが通用しないとなれば別の手段を講じる他ない。
それには個の力だけでは難しい、先代の側近時代からの右腕である朱月 璃々香(あかつき りりか)も使い、
関係各所も利用する事も考える。
かくして主人公は姫紗羅を総帥から引きずり下ろし、下剋上を図る事を決意する。

「今度は俺が頂点に立つ番だ」


サンプル版動画




















瞳の烙淫4 悦辱の操心改造
瞳の烙淫4 悦辱の操心改造/Hitomi no Rakuin 4 ~Etsujoku no Soushin Kaizou~

ブランド:WitchFlame
発売日:2014/05/30
ジャンル:デキる女達をハメて、乗っ取る、独占快進撃AVG
原画:黒石りんご
シナリオ:須々木鮎尾 charon

DMM.R18でダウンロード購入する
amazon.co.jpでパッケージ購入する

⇒トップページへ

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。